数多くのドラマや映画に出演をしている黒木華さん。

黒木華さんは性格悪そう!という声があるようです。

黒木華さんの出演した朝ドラについてもご紹介します。

 

sponsored link

黒木華は性格悪そう?

 

黒木華さんは、性格悪いという噂をネットで見かけることがありますね。

穏やかな人だという印象の方が個人的には強いのですが、性格悪そうという意見が多いことに驚きです。

 

 

どうして、性格悪そうと言われているか、理由を見てみると、大半が「見た目で性格悪そうに見える。」というあやふやな理由が多く、何か決定的な理由があるわけではないようです。

女優として活躍をしている人は、出演したドラマや映画で性格悪い役柄を演じると、その印象が本人にもつきまとうことがありますよね。

 

 

黒木華さんも、意地悪な役を演じたことがあるので、そのイメージもあるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、黒木華さんは、人見知りをするようです。

更には、とってもネガティブとのこと。

 

 

バラエティー番組では、気さくな感じに見えるので意外ですね。

 

 

人見知りがひどく、ネガティブな人って暗いイメージや、声をかけた時に無視しているように取られたりすることで、「性格悪い。」と誤解を招いたりしちゃうことがあると思うのですが、黒木華さんの性格悪いという噂は、同級生など直接の知り合いからの噂ではないので、あくまでテレビを見た視聴者の勝手なイメージという感じですね。

 

 

黒木華さん自身、若いころに自分がネガティブであることや、人見知りをすることについて自覚していて克服しようと努力をしたそうです。

 

黒木華さんは、ネガティブであることや、人見知りをすることを克服するために高校に入学すると演劇部に入部したそうです。

 

 

ここで、人前に出てお芝居をすることで、人見知りが少し克服できたようです。

 

まだ完全には克服できていないと、黒木華さん自身はバラエティー番組で告白していましたが仕事に対するプロ意識が高いのか、全く人見知りをするようには感じませんね。

 

sponsored link

黒木華の人気の火付け役は朝ドラ?

画像引用:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1657345/

 

黒木華さんは、2012年から2013年に放送された、『純と愛』というNHK連続テレビ小説に初出演しています。

このNHK連即テレビ小説『純と愛』は、黒木華さんにとって、テレビドラマデビュー作品でもあります。

 

 

『純と愛』で、黒木華さんは主人公の同僚を演じています。

 

 

その後、黒木華さんは2014年NHK連続テレビ小説『花子とアン』でにも、出演していて、主人公の妹役を演じています。

 

 

ちなみに『花子とアン』の主人公は、吉高由里子さんでした。

 

 

『花子とアン』で、黒木華さんは、姉を見守るしっかり者の妹を演じています。

 

 

この後、黒木華さんはいろいろなドラマなどに出演することになったため、NHK連続テレビ小説出演で世間に広く認知されるようになったと言えます。

黒木華さんは2014年に、世界3大映画祭りとも言われている、ベルリン国際映画祭で、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞にも選ばれています。

 

 

ベルリン国際映画祭で、最優秀女優賞を受賞した日本人女優は、黒木華さんが4人目です。

黒木華さんは、ドラマ初出演からわずか2年足らずで一躍有名な女優となりました。

 

まだ若手女優と言われている、黒木華さん。

今後の活躍が楽しみですね。