森本慎太郎の昔は?

スノープリンス時代の画像をまとめました。

今はがっちりした体型の森本さんですが、若い頃がとてもかわいかったのです。

 

sponsored link

森本慎太郎がジャニーズに入ったきっかけ

 

 

森本慎太郎さんは、ジャニーズのJrユニット『SixTONES』のメンバーです。

ジャニーズ事務所へ入所する人のほとんどは、履歴書を送りオーディションを受けてジャニーズJrとなります。

 

しかし森本慎太郎さんは社長であるジャニーさんに直接スカウトされ、ジャニーズJrとして活動するようになりました。

元々兄であり元Hey! Say! JUMPのメンバーだった森本龍太郎さんがジャニーズJrとして先に活動していました。

小学3年生の頃兄が出演するコンサートを観にいき、会場の上にあるお店で食事をしていたときに、ジャニーさんに兄と間違えられ声をかけられました。

 

「兄は下でコンサートに出演しています。」と答えると、ジャニーさんはお母さんとおばあさんとしばらく話をしていました。

翌日ジャニーさんから家に電話があり、そのときに兄がバックダンサーで出演するタッキー&翼のコンサートに招待されます。

そしてそのコンサートを観に行ったときに、「YOUもレッスン来ちゃいなよ。」とジャニーさんに言われ、そのまま兄と共にジャニーズJrとして活動するようになりました。

このように森本慎太郎さんは、オーディションを受けずにスカウトという珍しいパターンでジャニーズ事務所へ入所しました。

 

sponsored link

森本慎太郎の昔!スノープリンス時代

 

 

森本慎太郎さんは小学3年生のときにジャニーズ事務所へ入所し、それから3年後の小学6年生のときに映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』のオーディションに合格しました。

12歳で映画に初出演し、劇中では主演の原田草太役を見事に演じました。

 

この映画は昭和初期の山形県の寒村を舞台に、貧しくても一生懸命生きる少年が、裕福な家の少女や1匹の犬と心を通わせ成長していく様子が描かれており、「日本版フランダースの犬」として話題になりました。

そのため森本慎太郎さんは、同じジャニーズ事務所の先輩である中山優馬さんと共に「ベルギー・フランダース政府観光局友好大使」に任命されました。

また同じ年に、映画のPRのために他のジャニーズJr10人と共に期間限定で「スノープリンス合唱団」を結成しました。

そして映画の主題歌にもなった「スノープリンス」でCDデビューを果たしました。

 

ちなみにスノープリンス合唱団は、ジャニーズ史上最年少ユニットでCDデビューしました。

小学生で映画の主役、CDデビューを具現化したのは、現在でも森本慎太郎さんだけです。

またこの映画をきっかけに、映画で共演した「ちび」という名前の秋田犬を飼うようになりました。