リップスライムsuさんとの報道で話題の内藤陽子(ジュエリーデザイナー)さん。

昔ワンナイに出てた?

SUとの交際についてまとめました。

 

sponsored link

内藤陽子はジュエリーデザイナーをしているの?

内藤陽子さんは、元タレントです。

内藤陽子
画像:https://ameblo.jp/dadaflora/image-11982749669-13200166804.html

 

生年月日は1981年5月11日(37歳)で、東京都出身、血液型A型、身長160cm、堀越高等学校出身。

趣味はピアノ、水泳。

 

高校在学中の1999年にフジテレビビジュアルクイーンに選出され、翌年にはテイジン水着キャンペーンガールとなり、バラエティやCM、映画やテレビドラマの数多くに出演しました。

ところが同年FRIDAYにパンチラ写真が掲載されて以降人気が陰り、スターダストプロモーションを辞め、一時休業しました。

その後事務所を移籍して芸能界に復帰しましたが、フジテレビドラマ「危険なアネキ」の出演を最後に、23歳であった2005年に芸能界を引退しています。

 

 

芸能界引退後はフラワーアーティストとしてブランド「dada flora」を設立しました。

2014年に結婚し同年に長女を出産しましたが、翌2015年に離婚を発表しています。

 

 

dada floraのホームページを見ると、そごう横浜店など関東を中心に20店舗ほどを構え、

 

「花とアクセサリーで装飾的で独創的な世界を作り出すアートブランドです」

「2009年よりデザイナー自身がすべて手作業で作り出すアクセサリーもスタート致しました」

 

と書かれています。

また、FRIDAYの2019年2月8日号では、内藤陽子さんのことを「元女優でジュエリーデザイナー」と紹介していることから、内藤陽子さんが14年前の芸能界引退直後に立ち上げたdada floraは今も健在で、内藤陽子さんはジュエリーデザイナーとして活動していることがわかります。

 

sponsored link

内藤陽子はワンナイに出ていた?

内藤陽子さんは、ワンナイにも出演していたようです。

ワンナイとはフジテレビ系列で2000年10月から2006年12月まで放送されていた人気お笑いバラエティ番組「ワンナイR&B」のことです。

この番組は、はじめは一部地域のみの深夜枠で「エブナイ」として放送されていましたが、2002年からはゴールデンタイムで全国ネットに進出し、その後「水10!」枠に昇格、一時期は一部のコントを手がけたあの宮藤官九郎さんも登場しました。

 

ところが、人気が上昇していく中で、コントの中で当時福岡ダイエーホークス監督だった王貞治さんを侮辱するような内容があったとされる「王シュレット事件」や、その翌週の妊婦に扮した小池栄子さんにDonDokoDonの山口智充さんが粉ミルクをかけた「粉ミルク事件」などにより視聴者や企業からの批判を受け、2006年12月をもって番組を終了しています。

 

 

そんな人気、お騒がせ番組であるワンナイの初期のエブナイTHURSDAYからゴールデンごく初期にまで、内藤陽子さんは出演しています。ガレッジセールのゴリが扮するゴリエの友達役でした。

ちなみに松浦亜弥さんはもゴリエの妹役で出演していました。内藤陽子さんは、本当に売れっ子だったのですね。

 

sponsored link

内藤陽子がSUと付き合っているって本当?

そんな売れっ子タレントだった内藤陽子さんですが、最近また週刊誌にお名前が挙がっています。

FRIDAYの2019年2月8日号では、不倫騒動により昨年活動を休止し大塚愛さんと離婚した人気ヒップホップグループ「リップスライム」のMCのSUさんと、内藤陽子さんの娘さんを交えてディズニーランドで親しげに過ごしている様子がスクープされています。

 

 

ディズニーランドのお土産屋さんでは、内藤陽子さんの幼い娘さんがSUさんにとてもなついている様子の写真も掲載されていました。

そして、その記事によると内藤陽子さんは15年ほど前にもSUさんと交際していた元カノで、以来時々連絡を取る仲であったとのことです。

 

記者に直撃された内藤陽子さんは「21歳か22歳の時にお付き合いしていたことは事実です。

それから15年ほどずっと仲の良い友達ですよ。それ以上のことは相手のこともありますので申し上げられません。」と大人の対応で答えていました。

SUさんの知人によると、仕事も家庭も失ったSUさんが内藤陽子さんに悩みを聞いてもらっているうちにヨリを戻そうとしたとか。

 

 

何かと話題のお騒がせ男SUさんが最後に頼れるのは、22歳も若い愛人ではなく、売れっ子タレントから転落、芸能界引退、結婚、離婚を経てもなお自分の足で立ち続ける、内藤陽子さんの様なしなやかで強い女性だったのですね。