若おかみは小学生!の年齢は何歳?

映画化で異例のヒットを記録しています。

 

 

sponsored link

若おかみは小学生!の年齢は?

原作は累計300万部の児童文学小説。

あらすじは以下です。

 

小学6年生の女の子おっこは交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみの修行を始めることに。失敗の連続に落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに支えられながら、次々とやって来る個性的なお客様をもてなそうと奮闘するうちに、少しずつ成長していく。

 

主人公のおっこは、小学6年生なんですね。

 

映画では、人気子役の小林星蘭さんがおっこの声を担当しています。

 

sponsored link

若おかみは小学生!映画化で異例のヒット

「若おかみは小学生」は、フランスの『アヌシー国際アニメーション映画祭』に出品されています。

100本以上の作品が出品される中、そこから十数本がコンペティション作品として絞られます。

その中で「若おかみは小学生」も選ばれたのです。

 

映画ジャーナリストの大高宏雄氏によると、

「『若おかみ~』は、何よりヒロインが魅力的だ。スタジオジブリ的なデザインではなく、子ども向けにデザインされていて一般客はとっつきにくい。しかし、映画を観ると、ヒロインのけなげな生き方、不幸から立ち上がる通過儀礼としてのお化けとの共生、これらがアニメの魅力となって描かれていて非常に気持ち良い、後味が良い。

ヒロインを支える祖母が一途に若おかみをしつける。周囲の板前さん、仲居さんら各々の対応も心地よい。現代では失われてしまった家族関係や仕事関係がとても好ましい。そして、決して不幸なだけではない、生きて行く、回復して行く力が強く描かれている」

と評されていました。

 

ただのアニメ作品と思わず、見てみる価値がありそうです。