高橋一生の母親はホステス?

弟はミュージシャン!画像は?似てないって本当?

 

sponsored link

高橋一生のプロフィール

 

本名:高橋一生 (たかはし いっせい)
生年月日:1980年12月9日
出身地:東京都
身長:175cm
体重:58㎏
血液型:O型
事務所:舞プロモーション

 

子役から活動してきた高橋一生さん。

子役の頃の有名な作品といえば、「耳を澄ませば」の天沢聖司くん役です。

 

 

高橋一生の母親はホステスだった?

高橋一生さんの母親は一般人ですが、なかなか破天荒な感じの人だったようです。

高橋一生さんの母親は男ばかり5人の子どもを産んでいますが、兄弟によって父親は異なります。

 

長男(高橋一生さん)は最初の夫、二男と三男(安部勇磨さん)は二番目の夫、四男と五男はまた別の三番目の夫だそうですから、かなり複雑な家庭環境ですよね。

 

高橋一生さんの母親は3回の結婚歴からかホステスや水商売の仕事をしていたという噂もあったようですが、実はバリバリのビジネスウーマンで事業を興しては倒産を繰り返していたとの情報もあります。

 

事実はわかりませんが、とてもアグレッシブでバイタリティのある女性だったということでしょうね。

 

息子である高橋一生さんや安部勇磨さんの話からはとてもお金遣いの粗い女性でもあったようで子ども達にもお金の無心をしていたようです。

 

元々、高橋一生さんの母親は裕福な家庭で育ったそうで、高橋一生さんと同じく幼少期には子役のお仕事をしていたとのこと。

 

結婚後は引っ越しを繰り返していますが、エリアは全て世田谷周辺だったようなんです。

どんなに生活が大変になっても都心からは離れたくない、生活レベルを下げたくないというのが

高橋一生さんの母親のこだわりだったんでしょうね。

お嬢さま育ちの気質はなかなか変えらるものではないのでしょうか。

 

そんな高橋一生さんの母親は2015年の夏にガンで他界されています。

御年53歳。とてもお若かったんですね。

 

 

高橋一生さんとは10年ほど絶縁状態にあったようでしたが、最期には病室で会えてきちんとお別れができたそうです。

天国のお母様も息子さん達の現在の活躍を大変喜んでいらっしゃるでしょうね。

 

sponsored link

高橋一生の弟はミュージシャン!画像は?

高橋一生さんの弟はロックバンド「never young beach」のボーカル・ギターの安部勇磨さんです。

 

「never young beach」は今、最も勢いのあるバンドのひとつ。

どこか懐かしいメロディーと完成されたギターサウンドが心地よいと評判です。

兄、高橋一生さんの薦めでもあったメジャーデビューを2017年に果たしています。

 

 

そんな注目のバンドでフロントマンを務める安部勇磨さんですが、音楽を始めたのは兄の高橋一生さんがバンドをやっていたことがきっかけだったと語っています。

美術系の高校を卒業しその後、美大受験に失敗。予備校を辞めた20、21歳頃だったそうです。

今では影響を受けたはずの兄からも「本当にいい曲を作る」と太鼓判を押されるほどになった安部勇磨さん。

 

 

複雑な家庭環境のせいもあってか兄である高橋一生さんとはあまり似ていないと言われる顔立ちですが、なんとなく憎めない愛嬌のある顔立ちですよね。

やはり幼い頃の高橋一生さんとは似ています。

 

 

安部勇磨さんの人柄についてですが、「洗濯物を干している時間が一番幸せ」や「天気が良ければ、わりとそれでいい」など過去のインタビューからもわかるようにとても自然体な人なんでしょうね。

安部勇磨さんが手掛ける歌詞も何気ない身近な日常を綴ったものが多く飾らない人柄が感じられますね。

 

高橋一生と弟たちについて

高橋一生さんには父親の異なる4人の弟がいます。

一番下の弟とはなんと18歳もの年の差があるそうです。

母親は仕事で忙しかったため、高校から帰ってきた高橋一生さんが弟の面倒をみたり、オムツを替えたりしていたそうです。

 

まるで父親?母親?のような生活をしていたんですね。

38歳、独身貴族の高橋一生さんですが、子育てはひと通りもう経験したような気になってしまっているとのこと。それはそうですよね。

 

その後、母の浪費癖や子どもへのお金の無心など度重なる事件があって、母との関係に耐えられなくなった高橋一生さんは家を出ますが、家を出て以降も弟たちを気にかけ、相談事があれば飛んでいき、プレゼントなどには惜しみなくお金を遣ったりととても可愛がっていたそうです。

 

三男でミュージシャンの安部勇磨さんいわく、母親に兄(高橋一生さん)と連絡を取っていることがバレるとお金の話になってしまい、兄に迷惑がかかるのでなかなか連絡を取りづらかったとか。

母親がガンで他界後は、そのような気を遣うこともなくなって兄弟間での連絡も増えたそうです。

絶縁状態にあった病床の母に、「弟たちのことは任せて」と言った高橋一生さん。

 

 

弟たちの現在はというと、二男はデザイン会社に勤務、三男はミュージシャン、四男、五男は一緒に住んでいて五男は寿司職人の道に進んだようです。

 

 

そのお寿司屋さんも高橋一生さんの紹介という話ですから、母に誓った約束をしっかり果たしている高橋一生さん、素敵ですよね。

 

そして、複雑な家庭環境ながら父親代わりの長男のもと、それぞれ立派に育った弟たちの今後にも期待大ですね。