アップルボビングとは?

その起源や、英語での言い方をご紹介しています。

簡単に用意できるハロウィンのゲームです♪

 

sponsored link

アップルボビングとは?

アップルボビングとは、ハロウィンによく行われるゲームです。

タライに水を張り、その上にりんごを並べます。

挑戦者は、そのリンゴを手を使わずに、口や歯で取ります。

手を使うことは違反なので、不正をしないように後ろで手を組む様子が見られます。

 

sponsored link

アップルボビングの英語での言い方!

英語では、

Apple bobbing

もしくは、

bobbing for apples

と呼ばれています。

 

アップルボビングの歴史

この伝統は、イギリスにローマ人が侵攻した時代に起因します。

ローマ軍が制圧した際に、元々のケルト文化とローマの文化が融合しました。

ローマ人は果実と栽培をつかさどる女神のポーモーナの象徴として、りんごの木を持ち込んだのです。

 

 

アップルボビングのゲームには占いの意味もあり、若い未婚の人々が良く行いました。

最初にりんごを取った人は、次に結婚を許されることになる、という意味があったのです。

また、

女性が自分で取ったりんごを枕の下に敷いて寝ると、将来の恋人の夢を見ることができると言われていました。

 

アップルボビングの動画!

 

 

 

大人も楽しんでます。

かなり盛り上がってますので、音量に注意ください笑

 

 

用意するのも簡単なので、ハロウィンに楽しみたいゲームですね。