俳優として、主演級に売れたディーンフジオカさん。

そんなディーンフジオカさんの家族構成についてまとめました。

どんな父親と母親に育てられたのか?妹さんは元アイドルという情報も出ています。

嫁は美人で富豪のインドネシア人で国際結婚なんです。

 

sponsored link

ディーンフジオカ経歴プロフィール

 

名前:ディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)

本名:藤岡 竜雄(フジオカ タツオ)

生年月日:1980年8月19日(現在38歳)

血液型:A型

身長:180cm

出身地:福島県須賀川市生まれ

千葉県鎌ケ谷市育ち

千葉県立船橋高等学校卒業

アメリカ・シアトル、コミュニティー・ガレッジ卒業

職業:俳優・モデル・ミュージシャン

所属事務所:アミューズ

 

妥協を許さない性格のディーン・フジオカさんは、勉強にも熱心でした。

日本語、英語、中国語、広東語、インドネシア語など五つの言語を話すことができる、マルチリンガルです。

趣味に対しても妥協をせず追及するため、趣味も多岐にわたります。

バックパッカーとして世界中を放浪したこともあります。

 

 

1997年、妹が勝手に応募した第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに最終選考まで残ります。

2004年、香港でファッション雑誌編集者にスカウトされ、香港を拠点に芸能活動を開始します。

この時の仕事は主に、雑誌や広告、ファッションショーのモデルとしての仕事が中心でしたが、

2006年には、台湾で俳優デビューを果たします。

 

 

台湾ドラマで活躍し、俳優としての活動が活発になります。

その後、2013年には日本で俳優としての活動を始めます。

実在する殺人犯をモデルとしたサスペンス映画「I am ICHIHASHI逮捕されるまで」で監督・主演・主題歌、全てを自らで担当し、話題となりました。

 

 

その後も数々のドラマや映画に出演し、現在は人気俳優として活躍されています。

また、趣味が高じて、作詞・作曲など、音楽制作も行っています。

プロデュースはじめ、ディーン・フジオカさん自身もインドネシアでは、ラップ歌手として活動されています。

2012年には中国系インドネシア人の女性ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんと結婚します。

2014年と2107年には子供が生まれますが、ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんと子供はインドネシア在住のため、現在は離れて生活をしています。

 

sponsored link

ディーンフジオカの家族構成

ディーンフジオカさんの父親は中国山西省太原市生まれですが、国籍は日本で祖父母も日本人です。

両親と、4人兄弟の家庭で育ちました。

ディーンフジオカさんは、長男で下に弟が1人、妹が2人います。

 

 

長女である妹の藤岡麻美さんは1998年から1999年、「平成のおニャン子クラブ」として結成されたアイドルグループ「チェキっ娘」として活動されていました。

 

 

「元チェキっ娘」解散後は、「TRY-FULLBUS」というグループを結成し、アイドル歌手活動をします。

「TRY-FULLBUS」では、作詞・作曲も担当していました。

また、「TRY-FULLBUS」の活動の傍ら、女優としてドラマにも出演します。

その後、2013年から活動の拠点は海外へ。

 

 

台湾に活動拠点を移し、女優として台湾のドラマやCMに出演し活躍されています。

2016年には台湾在住の日本人と結婚し家庭を築きました。

弟は10歳年下で、もう1人の妹は15歳年下です。

この2人は、芸能活動や音楽活動はされていない一般人です。

 

ディーンフジオカの父親と母親について

両親とも、福島県須賀川出身です。

父親はまだ、日本にインターネットが普及していないころから、

システムエンジニアとしてIT関連の会社に勤務し活躍していました。

ディーンフジオカさんはアメリカ・シアトルの大学に在学の際、IT学科を専攻されていますが、IT学科を選んだのは、父親の影響が大きいといいます。

 

母親は、ピアノの講師をしていました。

ディーンフジオカさんが音楽活動を行うことになったきかっけは、母親の影響だといいます。

ディーン・フジオカさんは、作詞・作曲・歌手としての活動をされていますが、母親が講師をしているピアノはもちろん、ギターやドラム、トランペット、シンセサイザーなどの楽器も演奏でき多彩な才能を持っています。

 

 

ディーンフジオカの妻について

ディーンフジオカさんは2008年、共通の友人を通して知り合った中国系インドネシア人である、ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんと4年半ほどの交際を経て、2012年に結婚します。

ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんは、ディーン・フジオカさんの2歳年上の女性です。

 

 

ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんの父親はインドネシアの伝統的な生薬会社「シドムンチュル」の会長をされています。

「シドムンチュル」はインドネシアの最大手メーカーです。

また、母親デウィヒ・ダヤットさんは画家として活動をされています。

 

 

そんなインドネシアの大富豪の家庭で育った女性です。

ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんは再婚で、18歳のときに生んだ息子さんがいます。

この息子さんについて、ディーン・フジオカさんは大切な家族と話されています。

2014年にはディーン・フジオカさんとの間に、第一子と第二子にあたる二卵性双生児、男女の双子が誕生します。

その後2017年、第三子である男児が誕生しました。

 

ヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんはとても美人な女性です。

以前は、モデルとして活躍されていました。

現在は「DELAPAN NAGA ANGAKASA」という音楽関係の会社を経営されています。