松田聖子さんのものまねで一躍有名となり、現在も数々のテレビ番組に出演したりライブをされているまねだ聖子。

夫はいるのでしょうか?

ギャラはいったいいくらなのでしょう?

ものまね界のレジェンド、まねだ聖子さんについて調べてみました。

 

sponsored link

まねだ聖子に夫はいる?

 

画像引用:https://baru817.com/maneda-seiko/

まねだ聖子さんは、既婚者です。

 

 

まねだ聖子さんの夫は、まねだ聖子さんと同業者であることがわかりました。

 

 

まねだ聖子さんの夫は、まねだ聖子さんと同じくものまねタレントとして活躍をしている人物です。

 

 

まねだ聖子さんの夫はゴジーラ久山という芸名で、「男はつらいよ」で渥美清さんが演じた寅さんのものまねをすることで有名な人物です。

 

寅さん以外にもたくさんの持ちネタを持っています。

 

 

ゴジーラ久山さんは、本名を久山哲司さんといい大阪府寝屋川市の出身です。

 

 

1965年4月13日生まれの現在53歳

 

まねだ聖子さんと3歳違いということになりますね。

 

 

まねだ聖子さんと、ゴジーラ久山さんは、まねだ聖子さんがゴジーラ久山さんにものまねの指導を受けたことがきっかけで交際をスタートさせ結婚という馴れ初めだそうです。

 

 

指導を受けるということは、まねだ聖子さんは夫ゴジーラ久山さんのものまねのスキルを、とても尊敬していらっしゃる感じがしますね。

 

夫であるゴジーラ久山さんとまねだ聖子さんは、2人でクヤマプロモーションという個人事務所を立ち上げていて、現在夫であるゴジーラ久山さんが社長で、まねだ聖子さんは、副社長をしています。

 

 

夫婦でものまねタレントという夫婦は、珍しいですがライブなどで一緒にネタを披露することもあるそうです。

 

sponsored link

まねだ聖子のギャラは?

画像引用:http://fujirockexpress.net/17/p_1613

タレントなどのギャラっていったいいくらくらいなのか?想像もつかないことが多く気になりますよね。

 

 

通常、名前もさほど知られていない若手芸人やものまねタレントのギャラは15万円から20万円と言われています。

 

たまにテレビ番組などに登場する芸人やものまねタレントになると20万円から30万円、よくテレビ番組などで見かける人気芸人やものまねタレントになると40万円から50万円、誰でも知っているような有名人などになると60万円以上…トップクラスになると100万円以上のギャラになるそうです。

 

 

 

ものまねタレントで誰でも知っているトップクラスの有名人となると、コロッケさんとかになるでしょうか。

 

 

まねだ聖子さんのギャラは、1ステージ40万円から50万円ほどではないかと思われます。

 

 

通常ギャラは所属事務所が受け取り、タレントにはそこから歩合だったり給料制だったりという流れでお金が振り込まれるわけですが、まねだ聖子さんは、夫と立ち上げた個人事務所に所属しているので、そのままギャラを受け取ることができるので、収入も良さそうですね。

 

 

夫とまねだ聖子さんが経営する事務所なので、いろいろな経費はかかりますがまねだ聖子さんほどの人気だと、次々に仕事が入ってきて経営は良い状態なのではないかと思います。

 

 

夫、ゴジーラ久山さんも、まねだ聖子さん同様有名なものまねタレントになっていますよね。

夫婦揃って芸を極めていて素敵な夫婦だと思います。