大島優子の家族構成は?

父親と母親について、ご紹介します。

 

sponsored link

大島優子の家族構成は?

大島優子さんは、AKB 48を卒業した後、様々な CM や映画に出演して、活躍していましたが、2015年からは、ドラマ「銭の戦争」などに出演し、女優業が忙しくなりました。

現在は、女優として活躍しています。

 

 

そんな大島優子さんですが、実は、複雑な家庭環境で育ったようです。

大島優子さんは、生まれてから、小学校卒業までは、横浜市湊北区の網島に住んでいました。

その影響からか、大島さんは、人気アーティスト「ゆず」の大ファンなのだそうです。

大島優子さんの母方の祖母は、日系韓国人で、祖父がアメリカ人。

ですので、お母さんはハーフ です。

このことから、大島優子さんは、クウォーターということになります。

 

 

母方の祖母は、現在、北海道の帯広在住なのだそうです。

大島優子さんの家族構成は、父、母、兄の4人家族になります。

 

 

大島さんは、中学校に入学する直前、栃木県に移り住みました。

栃木は元々、お父さんの地元で、お母さんには、知り合いがいなかったため、かなり苦労したと言われています。

そのせいもあってか、大島優子さんが中学に入学する直前に、両親が離婚しました。

お母さんは、お父さんの経営するお店の常連客と駆け落ちしたとされています。

以降、お父さんが、シングルファーザーとして、男手ひとつで、大島優子さんを育て上げました。

このことから、大島優子さんは、中学の時から、父子家庭で育ったことがわかります。

また、1人いるお兄さんは、2016年3月に、結婚したようで、そのことが、大島さんの Instagramに掲載されています。

 

sponsored link

大島優子さんの父親はお寿司屋さん?

ここで、大島優子さんのお父さんについて、もう少し詳しく、掘り下げてみます。

大島優子さんのお父さんは、もともと、横浜市内でサラリーマンをしていました。

 

 

しかし、大島さんが小学校6年生の時に、父親の兄、つまり、大島さんの叔父の経営する割烹料理店を手伝うため、 お父さんは、脱サラして、 栃木県下都賀郡壬生町に移り住んだといいます。

なぜ、お父さんがおじさんを手伝ったのか と言うと、叔父さんが病弱だったからとのことで、大島さんのお父さんは家族思いの優しい人のようです。

「大島さんのお父さんがお寿司屋さん」とネットなどで言われているのは、このためです。

 

 

しかし、その直後、両親は離婚し、大島さんのお母さんは、いなくなってしまいました。

それ以降、お父さんがお母さんの代わりをして、シングルファーザーとして、大島さんを育ててくれたようです。

大島優子さんが AKB 時代、秋葉原に通勤する時も、お父さんが最寄りの駅まで送り迎えしてくれたり、お弁当を作ってくれたり、また、夕食を上の階にいる大島さんに届けてくれたりといった、心温まるエピソードがたくさんあります。

大島さんのお父さんは、とても子煩悩な子供思いの優しい人であることが伺えますね。

お父さんが経営する割烹料理店は、10年後に閉店となり、以後、お父さんは、また、サラリーマンに戻ったとされています。

 

sponsored link

大島優子の母親はハーフ?

 

大島優子さんの母親は、 アメリカ人と日本人のハーフなのだとか。

お母さんの母親、つまり、大島さんの祖母が日系韓国人で、祖父がアメリカ人とのことです。

このことから、大島さんは、クォーターとなります。

大島さんの顔立ちは、日本人ぽいので、これは、意外な事実ですね。

 

 

大島さんのお母さんは、大島さんが中学生になる直前、お父さんが経営するお店の常連客と蒸発してしまったといいます。

それ以来、大島さんは、お父さんと一緒に暮らすことになり、お母さんには、会っていませんでした。

 

 

しかし、その後、大島さんが高校生の頃に、お母さんと再会、

以降、大島優子さんのブログに、お母さんの姿が画像付きで紹介されるなど、大島さんとお母さんは、良い関係を保っているようです。

大島さんのお母さんは、現在、東武百貨店にお勤めとのこと。

実は、大島さんのお母さんは、人と変わったちょっと特殊な能力があるのだとか。

それはなんと占い。

 

 

大島さんのお母さんは、プロの占い師ではないようですが、占いをよくしているそうです。

大島さんは、このことについて、「お母さんは、見える人で、本当によく当たるの」と話しているそうで、 特に恋愛関係のことは、お母さんの占いに従って行動しているとの記事が週刊誌に掲載されたこともあります。

そんなお母さんですが、「娘の邪魔にならないように、見守りたい」と、かつて、記者のインタビューで、答えていたそうです。

このことから、お父さんだけでなく、お母さんも、娘思いのいいお母さんだ ということがわかります。