「おっさんずラブ」で人気がアップした俳優の林遣都さん。

ミステリアスな人ですが、どんな家族の中で育ったのでしょうか?

父親や母親はどんな人?兄弟はいるのか?について調査しました。

 

林遣都の家族構成は?

林遣都, 家族
引用:https://www.oricon.co.jp/photo/1044/82979/

 

林遣都さんの家族構成は、お父さん、お母さんと、お兄さん、妹の5人家族です。

林遣都さんのお兄さんは、2歳年上。

妹さんは、3歳年下です。

お兄さんと林さんは、幼い頃、ウルトラマンごっこをし、よく遊んだのだとか。

 

 

お兄さんは、お父さんに似て、やんちゃで破天荒な性格のようです。

一方、妹さんは、お母さんにそっくりで、美人で控えめな性格なのだとか。

そして、幼い頃の林遣都さんはというと、ひょうきんで、負けず嫌いだったそうです。

なぜか、お兄さんとは喧嘩せず、3歳年下の妹さんとよく喧嘩をして、いつも先に泣いていたといいます。

 

 

また、妹さんについて、こんなエピソードがあります。

妹さんは、実は、「荒川アンダーザブリッジ」の大ファンで、林さんがその主演を務めると知って、とてもがっかりし、林さんに「出来るの?結構大変だよ」と言ったとのことです。

そのことで、喧嘩になってしまったのだとか。

 

 

しかし、今では、林さんは、個性的な兄二人の元で育った妹さんのことを「ちょっと可哀想」と思っているそうです。

林さんは、部屋に家族写真をいつも置いているとか。

家族を大切に思っていることがわかりますね。

 

林遣都の父親はどんな人?

 

林遣都さんのお父さんは、山口県出身で海のそばで育ったそうです。

そのため、林さんは、幼い頃から、1年に1度はお父さんの実家に行き、お父さんと海に潜るのが好きだったといいます。

また、お父さんは、実は中国語が得意で、一緒に中華料理を食べに行った際、全部のメニューを中国語で話し、国際的であることを林さんにアピールしたのだとか。

面白い性格をお持ちのようです。

 

 

また、とてもオープンで、家族に対しての愛情を照れることなく、ストレートに表現できる 人だといいます。

いつも何かに挑戦し、60歳過ぎてからも、夢を追いかけ、人生を楽しむ情熱的なところもあるようです。

林遣都さんは、自分がお父さんの 血を引いていることが嬉しいのだそうです。

お父さんの生き方が好きで、「自分も、父親のようになりたい」と、お父さんに憧れのような気持ちを抱いているようです。

憧れの存在がお父さんだなんて、こんな父と息子の関係って、素晴らしいですね。

 

林遣都のお母さんはハーフ?

林遣都さんのお母さんは、とても美人なんだそうです。

しかし、ハーフというわけではなく、日本人の方です。

ですので、林遣都さんは、純粋な日本人ということになります。

林遣都さん自身、見た目がハーフっぽいので、その要素はお母さんから受け継いだのでしょうね。

 

 

そんな林さんとお母さんの間には、こんなエピソードがあります。

ある日、お母さんが林さんの人気ぶりが嬉しくて、パソコンで「林遣都」と検索していました。

しかし、それに林さんは、イライラし、パソコンを叩き割ってしまったのだそうです。

お母さんに謝らないまま、林さんは高校を卒業。

上京しました。

 

 

その時、林さんは、壊れた PC にお母さんへの手紙を挟んで、東京へ行ったそうです。

その手紙には、

 

「最後まで迷惑かけてごめん。育ててくれてありがとう。頑張ってる。遣都」

 

と書かれていました。

 

 

その手紙は、今では、お母さんの宝物となって、額に入れて、大切に飾られているそうです。

とても心温まるエピソードですね。

 

 

林遣都さんは、実は、部屋の片付けができなくて、ゴミ捨ても苦手。

以前は、ゴミ捨て場のような部屋に住んでいて、部屋の空気が汚れて、喉にカビが生えてしまったのだとか。

そんな面倒くさがりな性格になったのは、お母さんが林さんを甘やかせて育てたからとの説があります。

また、林さんは、反抗期に、「ジュース、持ってきて」 と、家の中にいながら、お母さんに電話したこともあるそうです。

お母さんは、林さんの事をかなり溺愛して いたようですね。