日本を代表する大御所タレントのひとり、堺正章さん。

今年で73歳になる堺正章さんですが、実はまだ20代の娘さんが二人もいらっしゃるということをご存じでしょうか?

今回は、そんな堺正章さんの二人の娘さんについて調べてみました。

 

sponsored link

堺正章の娘はアニーに出演していた?

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2051604/

 

 

堺正章さんは三回ご結婚をされているのですが、二人の娘さんは堺正章さんの二番目の奥さんであるタレント岡田美里さんとの間にできたお子さんです。

 

 

娘さん二人の名前は、栗原菊乃さん(長女)と堺小春さん(次女)というそうです。

 

 

堺正章さんは、本名・栗原正章さんとおっしゃるので、長女の菊乃さんはお父さんの本名である栗原姓を名乗っているんですね。

 

 

そんな栗原菊乃さんと堺小春さんはまだ小さい頃、ミュージカル『アニー』に出演していたそうなんです。

二人ともアニー役だったのかな?と思いきや、どうも違っていたようですね。

 

 

お二人が獲得された役は、ストリートチャイルドだったそうです。

主役ではないものの、子役の登竜門として有名なあの『アニー』に出演できるなんて、とってもすごいことですよね。

 

sponsored link

堺正章の長女、栗原菊乃は何をしてる人?

引用:https://www.ssksports.com/hummel/pickup/2014_lsinterview/kikuno.html

 

堺正章さんの長女である、栗原菊乃さんは現在29歳(2019年時点)。

 

 

写真を見ると、透明感があってとってもキレイな方ですよね!

まさにクールビューティーという感じです。

 

 

栗原菊乃さんは、現在何をされているのでしょうか?

栗原菊乃さんは高校を卒業後、約4年間にわたってロンドンとサンフランシスコに留学されていたそうです。

留学先では、写真やデザインの勉強をされていたそうです。

かっこいいですね。

 

 

帰国後日本のデザイン事務所で働いていた際に、ファッション雑誌『NYLON JAPAN』のNYLONオフィシャルブロガーのオーディションに合格。

それを機に、ファッション・ブロガーとしてのキャリアをスタートされました。

その後すぐにモデルとしても活躍するようになり、ファッションの世界に深く携わるようになった栗原菊乃さん。

2015年には自身のファッションブランド「PURPLE THINGS」を立ち上げ、現在はデザイナーとして活躍しているんですよ。

 

sponsored link

堺正章の次女、堺小春は何をしてる人?

引用:https://cocolo-journal.com/archives/2694

 

堺正章さんの次女である、堺小春さん。

現在25歳の堺小春さんは、女優として活躍されているんです。

 

 

こうして堺小春さんと堺正章さんが二人並んだ写真を見ると、目元と口元が本当によく似ていますよね!

 

 

堺小春さんの両親である、堺正章さんと岡田美里さんが離婚した時、堺小春さんはまだ7歳だったのですが、両親が離婚した後もひとりで堺正章さんの家に泊まりに行くなど、ずっと仲のよい父娘だったのだとか。

 

 

そんな堺小春さんが芸能界にデビューしたのは、10歳の頃。

当時の芸名は、栗原小春でした。

デビューから3年後の2007年には、お父さんの堺正章さんと共演も果たされているんですよ。

 

 

お二人が共演したのは、『夏雲あがれ』というNHKの時代劇でした。

堺正章さん、自分の娘さんと共演ができてさぞや嬉しかったことでしょうね!

 

 

堺小春さんはその後、学業に専念するために一度芸能界を引退したのですが、2015年には復帰を果たしています。

復帰後も脇役が多かった堺小春さんですが、2018年には舞台『金魚鉢のなかの少女』で初めて主役を勝ち取ったことでも話題になりましたよね。

現在は、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に谷田絹子役として、またAbemaTVのドラマ『フォローされたら終わり』に梶浦美由紀役として出演されています。

栗原菊乃さんと堺小春さんの今後のご活躍がとっても楽しみですね!