吉岡里帆の家族構成をご紹介しています。

母親の画像が美人?

父親はNHK大河プロデューサーです。

 

sponsored link

吉岡里帆の経歴プロフィール

画像引用:https://www.oricon.co.jp/news/2115956/photo/

 

名前:吉岡里帆(よしおかりほ)

生年月日:1993年1月15日(現在25歳)

身長:158cm

血液型:B型

出身地:京都府京都市左京区

職業:女優

所属事務所:エー・チーム

 

幼いころから家族の影響で、映画や演劇をはじめ、歌舞伎から日本舞踊、能、落語といろいろな芸術文化を身近に体験してきた吉岡里帆さん。

高校3年生の時に人手が足りないとアルバイト先で無理矢理頼まれた「天地明察」という映画のエキストラに出演します。

その後、友人に誘われ観に行った小劇場の舞台がとても素晴らしいもので、感動し仲間に入れてほしいと直談判します。

直談判の結果は門前払いでしたが、これを機に演劇や舞台の世界にのめり込むようになり高校3年生から俳優養成所に通い始めました。

大学は京都橘大学文学部日本語日本文学科書道コースに進学して、一時は書道家を目指しますが、やはり演劇に対する思いは変わりません。

学生制作の自主映画や学生演劇の撮影にも積極的に参加し、ますますのめり込みます。

 

 

KBS京都で放送された学生制作のテレビドラマ「ショート・ショウ」の第一話「サティスファクション」に初出演すると、生まれ育った京都よりも、やはり東京の方が専門的に学べると感じ大学在学中、東京の俳優養成所に通うことになりました。

京都の大学で演劇の活動をしながら東京の養成所に行き、レッスンを受けるという生活を繰り返します。

京都と東京を往復することは、体力だけではなく金銭的にも大変でしたが、4つものバイトを掛け持ちして5年ほどとても過酷な生活を続けました。

 

 

養成所には何千人もの生徒がいて、ここから抜け出さなければ活躍はできない、と考え現在所属している事務所エー・チームに「今すぐ事務所に入りたい」と直談判をすることになります。

この努力と行動力が実を結び、エー・チームに所属し2013年より女優として活動することになりました。

 

 

事務所に直談判をした際、働きまくるので仕事をたくさん欲しいということや、看板女優になるという思いを伝えた吉岡里帆さんは、有言実行でひたすらいろいろな仕事に挑戦します。

たくさんのオーディションを受け最終審査まで進み落選することも続きますが、めげずに努力を続けます。

2015年2月「マンゴーと赤い車椅子」という映画でデビューを果たし、これを転機に次々といろいろな作品への出演が決まり、現在では知名度の高い女優になり活躍しています。

 

sponsored link

 吉岡里帆の家族構成!

父親と母親、3歳年下の弟、祖母と吉岡里帆さんの5人暮らしで育ちました。

吉岡里帆さんは2人姉弟の長女ということになります。

芸能活動を始めてからも、吉岡里帆さんは実家暮らしを続け、京都と東京の往復をしていましたが、2015年6月より上京して現在は1人暮らしをしています。

3歳年下の弟は現在フレンチレストランで料理人の見習いとして頑張っています。

子供のころから料理に興味があった弟さんは、調理学校に通いながらアルバイトをする努力家だそうです。

吉岡里帆さんも、とても努力家ですので、姉弟ですごいですね。

吉岡里帆さんは弟さんが修行をしている、フレンチレストランへ食事に行くこともあり、姉弟仲はとても良いそうです。

弟さんの修行をしているフレンチレストランへ食事に行き弟さんとのツーショット写真をSNSで公開したこともあります。

家族全員が大の動物好きで、特に猫が好きな一家だそうです。

実家では5匹の猫と大型犬1匹を飼っています。

また、両親の趣味はガーデニングで、実家の庭はいつもとても綺麗に管理されていて、バラの花のアーチがあり秘密の花園のような景色といいます。

そんなたくさんの植物が綺麗に咲いた庭で家族そろってバーベキューをすることもあるという、とても仲の良い家族です。

 

吉岡里帆の父親はNHKの大河プロデューサー!?

父親は、京都で映像会社を経営しています。

経営者としても活躍している傍ら、自らカメラマンとしても活動をしています。

以前、週刊誌が吉岡里帆さんの父親は、NHK大河ドラマのプロデューサーという情報を掲載しました。

吉岡里帆さんは学生時代、京都の実家に住み、京都の大学に通いながら、東京の養成所にも通っていたということをバラエティ番組などでも、語っていたため、コネ疑惑が出ると、苦労して人気女優になったのではなかったのか?と、たちまちネットは大炎上しました。

しかし、この情報は、誤りで吉岡里帆さんが所属事務所はもちろん、NHKの広報室まで吉岡里帆さんの父親は、関係者ではないと週刊誌が掲載した内容を完全否定しています。

通常NHK側は出演者の個人情報については一切回答をすることはなく、異例の対応でした。

父親は、吉岡里帆さんが芸能界入りを目指すようになった際に反対したといいます。

吉岡里帆さんが子供のころから、いろいろな芸術文化に触れさせ育てた父親でしたが、映像関係の仕事をしているため、芸能界で生きていくということが難しいことを知っていました。

そのため、吉岡里帆さんには仕事としてではなく、趣味として演劇を続けてほしいという思いがあったそうです。

しかし、吉岡里帆さん自身が自分で養成所を探し京都と東京を往復しながらレッスンを受ける姿に、心を打たれ、映画のオーディションに合格した際には、とても喜んでくれて現在は、吉岡里帆さんの活躍を応援してくれています。

 

吉岡里帆の母親は美人?

母親はとてもかわいらしい感じの方で、吉岡里帆さんのSNSで母親とのツーショット写真が公開されたこともあり話題となりました。

 

その写真がこちら。

画像引用:http://couchpotarina.com/2729.html

(現在はすでに削除されてしまっています)

 

吉岡里帆さんは、母親のことが大好きで、とても仲良しです。

実家に帰るといまだに母親のことが、大好きすぎて、ハグをしたりキスをしまくったりするという驚きの発言をテレビ番組でされて共演者を驚かせたこともあります。

 

 

吉岡里帆さんは、母親のことを母親というより、お姉ちゃんのような存在といいます。

悩みがあると最初に相談するのは、母親で、相談すると母親はいつも真剣に話しを聞いてくれて相談に乗ってくれるそうです。

母親も、吉岡里帆さんが芸能界入りを目指す際には父親同様、仕事としてではなく趣味で続けた方が良いのではないか?と反対していたそうですが、吉岡里帆さんが本気であることがわかると応援してくれるようになりました。