作家の辻仁成さんはフランス在住で、シングルファーザーとして息子を育てています。

たまに帰国してテレビに出ていますよね。

そんな辻仁成さんは、実は3度の結婚歴があります。

南果歩さん、中山美穂さんは有名ですが、最初の奥さんはどんな方だったのでしょうか?

辻仁成さんの歴代の奥さんを詳しくみていきましょう!

 

sponsored link

辻仁成の最初の嫁は?

辻仁成さんの最初の奥さんは、カメラマンの女性。

辻仁成さんが大阪で活動していた頃に知り合い、すぐに同棲、結婚へと発展したそうです。

 

 

最初の奥さんとの間には、息子さんが1人いますが、この息子さんには会ってない、と週刊誌の連載で語っていました。

 

 

結婚していた時期は不明ですが、

辻仁成さんは2番目の奥さん、南果歩さんと1995年に結婚していますので、それ以前の話なのは確実ですね。

 

sponsored link

辻仁成の2番目の嫁は?

辻仁成さんは1995年に、女優の南果歩さんと2度目の結婚をしました。

 

 

南果歩さんが「ダウンタウンなう」でこの結婚について話していましたが、

当時、南果歩さんは結婚願望が全くなかったそうです。

 

 

しかし、会うたびに必ず花束をくれる辻仁成さんにプロポーズされ、結婚することを了承したのだと語っていました。

 

 

辻仁成さんと南果歩さんの間には息子が一人います。

南果歩さんが息子を出産した時は、生死の境をさまようほどの大変なお産だったそうです。

 

2人は2000年3月に離婚。

原因は辻仁成さんの浮気で、この時辻仁成さんは世間からバッシングを受けていました。

 

 

わずか5年間の結婚生活でした。

 

sponsored link

辻仁成の3番目の嫁は?

辻仁成さんの3番めの奥さんは、中山美穂さんです。

 

 

2人の出会いのきっかけは、2001年7月、パリのシャルルドゴール空港で

辻仁成さんが、たまたま空港にいた中山美穂さんを見かけたことが発端です。

 

 

出会いというには一方的すぎますが、辻仁成さんはその時のことを結婚時にこう振り返っています。

 

「わずかに数十秒の一方的な出会いであったが、その佇(たたず)まいや雰囲気にしっかりとした意志と力強い存在感が表れていた」

 

その3か月後の10月、辻仁成さんが希望し、雑誌で中山美穂さんと対談をしました。

この時にあの有名な一言が出たのです。

 

「やっと会えたね」

 

 

タマ

キザだな

柴犬

アーティストですから

 

 

この対談で意気投合し、

2002年6月に2人は結婚しました。

 

 

2003年に夫婦揃ってフランスに移住。

 

そして、

2004年1月に息子が誕生。

辻仁成さんのSNSでは「十べぇ」と呼ばれています^^

 

 

中山美穂さんはフランスで子育てを行い、テレビ番組では母親業に励む様子も放送されていました。

が、2014年7月8日、協議離婚をしています。

 

 

息子さんは辻仁成さんが育てていくことになり、中山美穂さんは東京を拠点に女優業を行っています。

 

 

父親が親権を持つのは珍しいですが、それには理由があります。

辻仁成さんは南果歩さんと離婚するとき、南果歩さん側に親権を渡したことをずっと後悔していたらしいのです。

 

 

今回こそは子供を手放したくない、という強い思いがあったのでしょうね。

 

 

中山美穂さんは息子と離れて暮らしていますが、今でもたまに息子に会っているそうですよ。

 

 

辻仁成さんの3回の結婚歴について解説してきました。

辻仁成さんには3人の息子がいますが、それぞれ母親が違う、ということになりますね。

才能がある人は私生活が波乱万丈になりがちですが、辻仁成さんも例にもれず、といった感じですね(^^;

最近では、シングルファーザーとして奮闘する姿が話題になっています。

息子さんの手が離れたら、もしかすると4回目の結婚もあるかも、、しれませんね。

 

<関連記事>

辻仁成の実家は金持ちって本当?福岡にある?

中山美穂の生い立ちが壮絶?父親や母親はどんな人?

中山美穂は歌が下手?彼氏は渋谷慶一郎?息子との仲